とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人 ライフサポート樂樂
■施設・事業所情報
名称 セルプ花(就労移行支援) 種別 就労移行支援
代表者氏名 吉田 隆行 利用人数(定員) 12
所在地 〒329-0103
栃木県下都賀郡野木町若林443-7
TEL 0280-54-1387
■第三者評価の受審状況
評価実施期間 平成29年8月7日(契約日)~ 平成30年2月19日(評価結果確定日)
受審回数(前回の受審時期) 1回 (今回が初回)
■総評
◇特に評価の高い点
平成10年に社会福祉法人パステルは、障害者福祉サービス(知的・身体・精神)「福祉で街づくり」という思いで創設されました。
多機能型事業所8カ所、ヘルパーステーション1カ所、相談支援センター4カ所、障害児通所支援事業2カ所、障害者支援施設1施設、グループホーム13カ所を運営しています。「楽しく働こう・元気に遊ぼう・豊かに住もう」というモットーのもと、生活サポートには12項目の事業、就労サポートでは4項目の事業が展開されています。これらを支える障害者相談支援事業を窓口として、障害児の療養サポートでは、発達段階の成長に合わせ、専門家と連携しながら療養プログラムを実施しています。第三者評価項目の一つ一つに障害者の人権を守る精神が貫かれていました。
就労移行支援では、利用者の適性を見抜き、仕事内容の繰り返しの訓練・接客の挨拶の仕方・注文の繰り返し確認を行うなど、緊張感を漂わせながらも一生懸命な態度でした。また、民間企業での実習や施設外就労など適性に合った職場探し、就労後の職場定着のための支援等を行っています。
「桑の実プロジェクト」を立ち上げ、桑を栽培から標品開発も取り組み、桑茶・桑のクッキー・パン工房など、様々な桑標品が販売されていました。
また、「お蚕さんと楽しく生きる」蚕をそだて、繭から糸を紡ぎ、機織り機で糸をつぐむ展示や実演を見ることもでき、作品が展示されていました。
農作業プロジェクトからの新鮮な農作物の販売もされており、近所の方が買い物したり、食事の帰りに買っていく姿がありました。地域に根付いた施設である事が分かりました。
◇改善を求められる点
事業所毎に特化した、やさしく分かりやすいマニュアル作成も検討して頂きたい。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
企業で働きたいという利用者様の気持ちを大切に、本人に合った働き方、本人の望む生活を今後も全力で応援していきたいと思います。利用者が就労するためには、作業や施設外での実習、企業との連携など、複雑で多様な業務がありますので、そのひとつひとつをマニュアル化し、就労支援の質の向上につなげていきたいと思います。
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。