とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人 アスク
■施設・事業所情報
名称 コメット保育園 種別 保育所
代表者氏名 岡本 悦子 利用人数(定員) 90(80)
所在地 〒325-0017
栃木県那須塩原市黒磯6-44
TEL 0287-60-4150
■実地調査日
平成26年7月15日(火)、8月5日(火)
■総評
◇特に評価の高い点
★子どもが心地よく過ごすことのできる保育環境
 保育室は明るく風通しの良い広くゆったりとした環境で、睡眠・食事・遊びのスペースをうまく使い分けて快適に過ごせている。1・2歳児ともに保育室に隣接してトイレが整備され、一人ひとりに応じて排泄の援助ができるようになっている。保育者に見守られながら、安心して探索活動や興味のある遊びを自発的にしようとしている姿が見受けられる。保育者は個々の発達の状況に応じ見守り、必要に応じて声をかけたりなどで、考えて行動できるよう支援し、基本的な生活習慣が次第に身につくよう働きかけている。
★保育環境の衛生管理の徹底
玄関と各保育室には、特殊処理が施された次亜塩素酸水の加湿器が設置されて感染症予防に役立っている。また、玩具はそれぞれの材質に適した消毒剤を用いて毎日消毒を実施し、トイレや流し台の清掃も行き届き、洗濯機も汚れの状態や洗うものによって変えるなど、衛生面で厳しく管理されている。調理場は毎日点検を実施し結果が記録され、清潔に保たれている。食中毒の発生が懸念される時期には、全職員が看護師による研修を受けて対策を実施している。

★アレルギー対応食に関する配慮
 食物アレルギーを有する子どもの食事の提供は、主治医の診断の上、保護者確認のもと個別に対応している。その際、単にアレルギー食材を除去するだけでなく、代替食材により献立を工夫し、外見上一般食と違いのない給食を楽しむことができるよう配慮されている。この点が保育園を選ぶ決め手になったという保護者もいる。また、この様な配慮は給食のみでなく行事等においても対応している。
◇改善を求められる点
★園の運営及び保育内容についての自己評価の取り組みと職員に対する研修の充実
保育士全員による保育士の自己評価は、保育士個人のレベルでの保育の実践の振り返りになっているが、園全体の保育の実践状況を分析し課題を把握するまでには至っていない。今後は、毎年組織として保育士・保育所の両方の自己評価を実施して結果分析を行い、園全体の運営や保育内容に対する課題を明らかにして、改善への取り組みとすることが望まれる。
職員研修計画の目的、基本的な考え方は法人の事業計画に示されているが、職員一人ひとりについての研修計画は作成されていない。今後、職員一人ひとりについて必要な研修を明確にして、職員の意欲喚起や保育士の専門職としての質の向上のために、組織として計画的に職員研修の充実を図ることが期待される。

★標準的実施方法の確立
保育の方法や注意点などが日課(デイリープログラム)に書かれているが、標準的な実施方法として体系的に整備されていない。今後、保育場面ごとの保育の方法や保育士等のかかわり方の基本的な技術に関することだけでなく、子どもの人権尊重、子どもや保護者のプライバシー保護等の配慮事項も加えた標準的な実施方法を定め、全ての保育士等が一定水準以上の保育サービスを実施するための手順書として確立することを期待する。

★プライバシー保護に関するマニュアル、虐待対応マニュアルの整備
プライバシー保護に関するマニュアル、虐待対応マニュアルが未整備なので、早急に整備することが求められる。特に、プライバシー保護については、日常の保育場面等で適切な対応が図られるよう整備し、全職員に周知徹底されることが望まれる。また、虐待対応マニュアルは、園長の役割を明確にした体制作りの上で整備されることが期待される。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
 第三者評価を受けたことにより、様々な項目について見直す良い機会となりました。課題や改善すべきことが明確になったことで改善への取り組みも始まりました。全職員が一丸となり、子どもが心地よく過ごせる環境を整えることで安心して通える保育園として、保護者からも信頼され地域とともに歩んでいける保育園でありたいと願っています。
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。